将棋に革命を起こした藤井システムの創始者、四間飛車の第一人者である藤井猛九段の公認応援サイト。

掲示板

おなまえ
タイトル
コメント
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
   

添付ファイルは管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

書き込めないという方はスパム対策ミスの可能性もありますので、お問い合わせよりお知らせください。

投稿者: 投稿日:2015/10/29(Thu) 17:38 No.2802   
データベースに銀河戦予選ご反映されていませんが…
投稿者:涓滴@管理人 投稿日:2015/10/29(Thu) 23:13 No.2803
ご指摘ありがとうございます。完全に見落としていました。
対局日が判明したら追加いたします。
投稿者:ネムイ舎 投稿日:2015/11/01(Sun) 22:05 No.2805
連勝ランキングで7/16〜9/7まで6連勝とありますので、
銀河戦の佐藤六段戦とNHK杯の屋敷九段戦がこの期間にあったんでしょうかね。
ここしばらくこの1勝を謎に思っていたのでスッキリしました。
ありがとうございます!

改めまして、銀河戦本戦トーナメント進出おめでとうございます☆
第87期棋聖戦戦二次予選第1回戦 丸山忠久九段戦
投稿者:ネムイ舎 投稿日:2015/10/28(Wed) 22:20 No.2801   
藤井先生の対局は木曜日に多いような気がするんですが統計的にはどうなんでしょうね!?

それはさて、1回戦から観る者も前傾姿勢になりそうな顔合わせ。
両先生の構想からして丁々発止のやり取りが期待できそうです♪

モバイル中継されるので、どぎまぎしながら応援したいと思います!
投稿者:ネムイ舎 投稿日:2015/11/01(Sun) 21:58 No.2804
遅くなりましたが、難敵を下しての一回戦突破おめでとうございます!

井上九段戦に引き続いて、このところの角交換四間飛車の特徴が明らかになった将棋かと思います。
手損を重ねても結果として相手の攻めを緩和した駒組みの妙に、
窪田六段が藤井先生の築城術を絶讃されていたのを思い出しました。

窪田六段は本局でもコメントを寄せられてますが、
その中でも「驚愕の一手」とおっしゃっている76手目の桂打ち。
こうしたガツンと来る味も藤井将棋の醍醐味のひとつなんでしょうね♪

『将棋世界』12月号の「対談 受けの達人」では中村九段がさすがの不思議流というべきか、
藤井先生の次の一手が出題(?)されているんですが、
これまたその最たるものでしょう。
この木村八段戦は、リアルタイムで観ていたので悲しい思い出も蘇りますが、
改めて見てみると、終局まで攻め続ける藤井先生の姿に胸打たれました。
(木村先生自薦の一局は、藤井先生ご自身も
「藤井木村戦の中でも両者力を出し尽くした名局」と太鼓判を押されていたものです☆)
本日、藤井システムで久保が渡辺に勝利 10-22 王将挑決リーグ
投稿者:オスギ 投稿日:2015/10/23(Fri) 00:25 No.2800   
1五歩が入っていない状況で2五桂跳ねが成立するか。その仕掛けが成立するなら居飛車はアナグマ組めないことになる
というまさに藤井システムのテーマ図で久保は仕掛けた、結果はあざやかな藤井システムの勝利。藤井システムいまだ健在なりという定跡になりそうと思いました。みなさん並べてみてください。ご意見聞かせてください。
第65回NHK杯戦将棋トーナメント第2回戦 屋敷伸之九段戦
投稿者:ネムイ舎 投稿日:2015/10/10(Sat) 20:26 No.2796   
NHK杯は開幕局以来ですので、約半年ぶりのお久しぶりとなります♪

屋敷九段は予測のつけづらい銀の動きを特徴とする急戦で、
新境地を日々開拓してらっしゃいますね。
藤井先生の振り飛車がそれを迎え撃つ展開を期待したいところです。

先日の叡王戦中継でも実感しましたが、
藤井先生の美しい手と指の動きが見られるのはめでたいことです。

難敵がお相手ですが、ぜひ突破していただいて対局姿の視聴機会を増やしてください!!
投稿者:うず@ 投稿日:2015/10/11(Sun) 12:39 No.2797
システムvs居飛車二枚銀風の急戦で快勝でしたね!
解説の佐藤さんも振り飛車の見本と褒めていましたね。
おめでとうございます。

絶品鰻バーガーとかひつまぶしじゃなくて
やはりうな重がカッコいい。

次回も楽しみ@
投稿者:ネムイ舎 投稿日:2015/10/13(Tue) 20:29 No.2799
両先生が大事にされている戦型のぶつかり合いになりましたが、
序盤から終盤までひょえーひょえーの大変面白い将棋でした☆

ノーマル四間飛車は棋界全体で目にする機会が増えてきましたが、
押しも押されもしない第一人者の藤井先生の指し回しは
やっぱり今後も注目度大ですね♪

さらに快進撃をつづけていただきたいです!!
第1回叡王戦九段予選決勝 郷田真隆王将戦
投稿者:ネムイ舎 投稿日:2015/09/26(Sat) 20:21 No.2789   
再び藤井先生の生対局姿が見られますね!

振り駒の結果が対局結果に奇妙に結びついている郷田王将がお相手で、
対戦成績のページに見応えがありますが、
比較的手数が長くなるのも特徴でしょうか。

何はともあれ火花の飛び散るような熱戦と、
決戦トーナメント進出を楽しみに応援したいと思います♪
投稿者:ネムイ舎 投稿日:2015/09/29(Tue) 21:51 No.2791
今日は藤井先生のお誕生日。
本局が悔しい逆転負けのため勝利のお祝いとともにできなかったのは残念ですが、
お誕生日おめでとうございます!

勝って決勝トーナメント進出はならなかったものの、
観ていて実に面白い将棋でした。

中飛車→向かい飛車→飛車先の歩を突く、という流れは、
藤井少年が大いに影響を受けた大内将棋の枠組みを連想させると同時に、
藤井将棋の流麗なさばきから作戦勝ちにもっていくエッセンスも味わえました。

終盤は両対局者の持ち味が表も裏も堪能できるものでした。

名実ともにベテランといえる領域に入られたかと思いますが、
これからも大いに楽しませてもらえそうな一局でうれしかったです♪
投稿者:銀冠振り飛車 投稿日:2015/10/12(Mon) 09:43 No.2798
先生の序盤から中盤有利に持ち込む驚異的に洗練された振り飛車には本当に感動しました。

数々の研究テーマをほぼ一人で切り開いていくのは本当に大変とは思いますが、いつかその収穫を独り占めして最強の時代が来ることを信じています。

先生の神業に近い序盤の妙技を後世に残すためにも、是非とも勝利につながりますよう応援させていただきます。

将棋の寿命を縮めるどころか、先生の序盤+コンピュータの終盤解析をうまく応用できれば将棋の完全解析も不可能ではないではないかと感じています。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19]
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note - (EDIT : RB)